赤い灯台。

c0046340_21283752.jpg

田舎の海にたたずんでいる赤い灯台。何十年もこの海岸を見守っています。
背景の島は「淡路島」。

子供の頃から帰省するたび、この赤い灯台を見ているので小学校の図工の時間には
この「海と灯台の絵」ばかり描いてたなあ。。。

しかし!この灯台にもちゃんとした名前があったことが発覚!(笑)
地元の海上保安部のサイトに載ってました!@@!

【中 瀬 灯 標(なかせとうひょう)昭和21年4月6日点灯】
へぇ~!戦後しばらくして建てられた模様・・・;;そんなに歴史があったとは。。。
「中瀬」という名前はなぜかっていうと、この灯台付近は岸からかなり離れているんだけど
突然、「浅瀬」になっている場所で、かつ、川のように流れの速い場所なので、
大型の船舶だと座礁してしまうんですよね。
(過去にも一度、ワタシが帰省中に座礁事故と遭遇!
その日は天候不良の為、航路変更してこの海岸経由で航行した水中翼船が座礁・・・
それほど地元の漁師さんや、通行経験のある船舶しかわからない難所でした。)

なので、この写真からみて灯台の右側を通行しないとダメなんですよね。。。

灯台のたたずまいって、なんか赴きがありますよね。
一見、淋しげに見えるけど、
海上を航行している船舶にしっかり座標を示すという任務を
ただひたすら“無言”で遂行している様がなんかかっこいい・・・☆
[PR]

by clovernote | 2007-08-12 21:29 | ・日々つれづれ

<< すぐに消えちゃう君が好きで。 群青に埋まってく・・・ >>