青い海、白い灯台。

c0046340_22384484.jpg

どもです。昨夜からまたしても「北風小僧の寒太郎」がやってきました。(さむー;;)
ニット帽、「もういらんなぁ?」っと思ってた矢先、、またかぶって通勤しています;;
今シーズンは3種類のニット帽を日替わりでかぶって行きましたー♪
いやー、自転車で走っているとめちゃ耳が冷たくなるのでね;;ニット帽くん達は大活躍デス☆

。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。☆
画像の海は、子供の頃から見てきた鳴門の海。。。(ハンディで撮影していますが、水平・・・ちゃんとキテるでしょ?・笑。)
おばあちゃんチのすぐ前にある海岸は、ワタシが子供の頃は「白砂青松」の美しい海岸でした。
そのすぐ近くには「市営の水族館」もありました。
大型の海獣はいなかったものの、ウミガメやエイなど、鳴門の海に生息する小さな海の生き物がいつでも見れたんですよねぇ・・(遠い目。)

この海岸には砂浜が広がっていたので、その昔(昭和50年代くらいまで)夏になれば海水浴場としてたくさんの人で賑わっていましたが、潮の流れが速い為に砂が沖へ流され、今はその美しい砂浜は見る影もありません。
ま、、、今は護岸工事も終わり、キレイな公衆トイレもでき、イマドキの海岸の風景となってます。。。
それに、一時は遊泳禁止になってたのですが、ここ数年は海水浴のシーズンにもなれば、海岸に大量の砂を入れて一時的に砂浜を作ったりして、小さなコドモが水遊びできる程度の海水浴場になってます。
(但し、シャワー設備などはありません。水道と言えば、公衆トイレの手洗い場くらいです。)

でも、シーズン終わりになるとその砂は、はやり流されてしまって少なくなっています・・・。(苦笑。。。)

私の曽祖父が植えたという、見事に成長した「松林」も松食い虫にやられ、全部切られてしまいました。
そうそう、子供の頃はおばあちゃんチの「五右衛門風呂」の焚き火に使う「松ぼっくり」をよく拾っておりました~;;

その後、近所の方が植えていた松の木。まだまだ小さかったけど、すくすく育っていたのですが
何やら、地下に海水が沁みこんできているらしく、根っこが腐って枯れてしまったのだそう。
今回帰省したとき、その松の木が全部切られておりました。。。滝汗。

なんかね、父が言うには魚釣りに行っても、全然魚が釣れないらしいっす。
その代わり、いつもは砂の中に深く潜っているはずの「巻貝」が大量に底引き網にひっかかってくるんやてー!?
鳴門の海で巻貝なんて見たことないっす~汗。海で貝殻を拾うことがありますが、
たいてい「二枚貝」ばっかりやったもんなぁ。

海にも「異変」が起こっているかもです。。。(*_*)
地殻変動が起こっているとしたら、、、地震にも要注意・・・??

「地球温暖化」やら
「地震」やら・・・
自分の生活のこと以外にも考えることがたくさんありすぎる・・・今日この頃です。
[PR]

by clovernote | 2007-02-24 23:51 | ・日々つれづれ

<< 日曜日のお楽しみ。 あっちゅうまに4年が過ぎました... >>