オーロラになれなかった人のために

オーロラになれなかった人のために
スピッツ 草野正宗 長谷川智樹 / ユニバーサルJ

遅ればせながら...
←初めて聴きました・汗。

この前、タワレコへ行ったときに、クリスタル・マイヤーズちゃんのCDと共に購入!
モチ、<リマスター版>っす☆☆
当時は、初期のアルバムをほぼ「大人買い」しましたが
「惑星のかけら」を聴いたあとに、このミニアルバムはどうしようかなぁと迷ったんですが・・・
結局買うのをやめました・苦笑。
それ以来すっかり忘れておりましたが、新曲「魔法のコトバ」がでることですし、
この「オーロラ・・・」に収録されている「魔法」という楽曲をチェックス(笑)しとかななぁと思い
買いましたー☆








いやいやいや・・・;;;;
今、この年齢になってからこのCDを聴いてよかったです;;
たぶん、当時買っていたとしても、サウンド重視&ノリ重視のワタシだったので
聴いてるうちにたいくつしてしまって、お蔵入りしてたと思われ・汗。(by思われシスターズ。)

が、しかし!!今、この瞬間に<リマスター版>と出会えてよかったっす☆☆

S「魔法」・・・爽快なアコギサウンドからはじまったとおもいきや、ホーンセクションやらティンパニーやら・・・「オケ仕様」のサウンドに脱帽;;
アルバムの1曲目ということで、セレモニーの始まりをイメージさせるサウンド。
1992年録音なので、スネアドラムの音が大きいのが時代を感じる・・・笑。

最近思うんですが、スピッツのギターソロのテクニックってクオリティ高いと思うわ。マジで。
それはやはり彼らがHR/HMを聴いてたからだと思う。
コードだけの単調なサウンドだけじゃなく、ギターリフやソロのメロディがあると質の高いサウンドとなるのです・・・☆

S「田舎の生活」・・・噂に聞いてたこの名曲;;なのに、今の今までノーチェックス・汗。
アコギとマリンバの音色が爽やか~~;;なんと!!変拍子使いが新鮮☆☆
この詩の情景が目に浮かびます~☆
マサに去年の今頃・・・田舎に滞在してた時のワタシの生活でアリ・・・。
一番鶏の歌で目覚めて 彼方の山をみてあくびして 頂の白に思い馳せる 

都会に住んでいるからこそ、身に沁みてわかる「田舎の生活」です・・・☆
サビの部分のバッキングのストリングスがほぇぇ~…☆.。.:*・

この曲、ライブで「マサムネのアコギ弾き語り」で聴いてみたい・・・♪♪

(※そして、今だから思うんですが
途中の「鈴の音」が、ドラマ・「トリック」の場面転換のSEに思えてなりません・・・汗。)

Sナイフ・・・この曲もほぇぇ~☆和み系なのに・・・歌詞はヘヴィー;;
せつないっすね・・・。
ストリングスが美しいので歌詞のヘヴィーさが軟らかく聴こえるのが不思議・・・。

S海ねこ・・・ををー!のちに発表した「裸のままで」を思わすサウンド♪
このアルバムの中で唯一ノリの良いナンバー。
マサムネの「ウォォ~エーエーエー」がかっこええー(萌っ☆)
それと転調する前の間奏のギターソロがカッコイイっす;;;;

S涙・・・この曲にヤラレました;;バンドなし。ストリングス編成。そして所々に織り成すチェンバロとハープの音色がかわいい・・・♪
歌いだしの音がオフコースの「言葉にできない」を思わすメロディでドキッとしましたー;;
なんというか、<クラッシック的なサウンド>と<マサムネのヴォーカル>がココロにじんわり染み込んでいく・・・。
すごい・・・この頃すでにこんな「新しい試み」をしてたんですねー;;
・・・ていうか、クオリティ高っ@@!
サウンドなしで「詩」だけ読んで見ても、まるで「草野正宗 詩集」を読んでいるかのようです。
ミニアルバムだからこそ、製作の過程でいろいろ挑戦したり模索したりできたのかも。
でも、それまでのパンクでpopなスピッツサウンドを聴いてたファンは
このアルバムを聴いてどう思ったのでしょうね・・・??

* * * * *
全体的にクラッシックを聴いているかのような錯覚に陥りました。
でも、マサムネのヴォーカルに違和感はなく、これはマサに名盤

このアルバム、もっと世に出て良いんじゃないでしょうか・・・・

・・・って、今ごろ聴いたワタシが言うなって話ですね・苦笑。

* * * * *
今まで、ヒーリングしてもらったあと「静かな曲」を聴きたくなるので
大好きなベートヴェンのCDを聴いてたけど、スピッツの楽曲の中でもこんなにココロが落ち着くことができるアルバムがあったということで、これからも聴きこんでいこうと思います☆

マサムネ氏の声ってどんなタイプの楽曲にも合うんだよね・・・つくづく・・・。
[PR]

by clovernote | 2006-06-10 23:18 | ・スピッツ

<< 根野菜の泥を洗う君と。 うめぼし食べたぁぁあ~い >>