「ピンボケ写真」はアートなのか。

先週、ナニゲにNHKを付けていたら、デジカメの撮り方入門みたいな番組をやってて、家事をしながら耳だけで内容を聞いたんですが、その内容に、「ピンボケした写真もアートになる」って言ってたんですよ・汗。
ひぇぇぇー!!入門編でいきなりそんなコトを言うの??ってびっくりしました・(^□^;)
まぁ、最近はそういう「風潮」があるのは知ってたけどね。
裏を返せば「失敗を恐れず」って意味もあるんかいな?(謎。)

私の中ではピンボケ写真はNGです。
子供の頃から父親から「ピンボケはアカン」って言われてきたらね…
なので、当時は「マニュアル操作の一眼カメラ」しか持ってなかったので
視力が低下してきてピントが合わせずらくなってきたから一時期カメラをヤメたんですよ。
ま、今ではオートフォーカスありーの、コンタクトレンズ入れてるのでピントも合わせやすいけどね。
(このブログにアップする際に個人や場所を特定できないようにあえてピンボケさせている写真は別としてね。)
外国製のトイカメラではそういうのも「持ち味」として受け入れられていますが、
私がその「トイカメ」に手を出さないのはそこなんです。

そんなテレビを観たあとに、
スピ・オフィシャル有料サイトで久々に「デジブック」をダウンロードしてびっくり@@!
メンバーの写真が全てピンボケ~~~~~;;;
顔の上半分切れていたり・涙;;;;んな、アホな~ヾ(ToT)))))

アレが「アート」っていう今ドキの見方もあるやもしれません…。
でも、普通、ファンはそんな「アート」には感心ないんですけど・汗。

ファン層も、アイドルのブロマイドを買い込んだり、月間「明星」、「平凡」を観て育った世代よね。
だから、ブロマイドのようなはっきり顔を見られる写真に期待していると思う。
逆に最近ファンになった、若いファン層はあの写真をどう思ったんやろ~?って思ったりもした・笑。

今回のフォトグラファーは、ネットで検索したら自分のサイト持ってはった。
すごいアーティスティックな世界の写真やった・汗。私には理解できひんけど。。。。

確かに、
動いている被写体を暗いステージ上でそれも「ストロボ無し」で写すとめっちゃブレブレになるんです・滝汗;;
そういう写真を「自分のサイト」や「写真集」で見せているのは別にかまわないンですよ。
個人のセンスやからね。
でも、アーティストのファンが観るオフィシャルサイトで(それも有料!)
ダウンロードしてまで観たいとは思わへん…(-_-メ)
ファンの気持ちを無視した自己満足フォトって感じた。(←マサに「ズバリ言うわよ!」)

この「デジブック」が更新された際、大手ファンサイトの掲示板でも不満のカキコが多かったので、
私は「何事??」って思っていたんですが、…こういうことだったのね~涙;;

今は色んな手段でネットから画像をダウンロード出来る時代やから、肖像権などの観点から
ボケボケ写真をアップしたのかもしれん…。けどなぁぁぁ…納得いかんのは私だけかな??(^^;)

来月、新しいデジブックに更新されるようなので、「改善」されていることに期待します。
[PR]

by clovernote | 2006-01-29 18:31 | ・スピッツ

<< エキサイト、メンテのお知らせ。 春のお楽しみ☆その壱。 >>