コウノトリが飛んだ日。

c0046340_021377.jpg

【EOS Kiss Digital / にっぽんの風景~ヒガンバナ~】
を~!改めて観たら、「大輪の花火」みたいっ!!
自然に進化していって、こんな複雑な「花の形」になるものなのか??
不思議だ…!!><


。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。
今週末も世間では3連休なのですね。>私は飛び石…笑。

今日は、兵庫県豊岡市にある「コウノトリの郷(さと)公園」で育ったトリたちが自然に帰った日です。
すごいね…。昭和46年に日本の種(ニッポニアニッポン)は一度絶滅してしまっている。
日本って小さな国だけど、とても自然が豊かな島国。太古の頃からはぐくまれてきたものもある。
でも、人間が住みやすい環境を整えれば整えるほど、自然がなくなっていった…。
だから、食物連鎖のてっぺんにいたコウノトリは生きていけなくなったんだ。

この豊岡市は、コウノトリを復活させようと、街ぐるみで田畑や用水路から整備したらしい!!「魚道」をつくったり、農薬を使わない「有機農法」。「かるがも農法」もこの地域から生まれたのね☆そんな街ぐるみでの取り組みのお陰で、数年前には大陸から野生のコウノトリが飛来!!
あのニュースの聞いたときはびっくりしたね~@@
このコウノトリは今も住み着いているんだって!!(^^)
なので、今日、飛び立ったコウノトリを先導してあげてほしいな~。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
TVのニュースでみたけれど、コウノトリってめっちゃでか!@@
タンチョウヅルくらいあるかな??でも目が鋭い…苦笑!目の回りに「赤いアイライン」が入っているんだよね…。なので、目が強調されて、…うう~ん、中国の「京劇」に出てくる人のメイクみたい…汗。
でも、一度は空を飛んでいるところを観てみたーい!!

大阪でよく見られるトリたちは、シロサギ、アオサギ君達。彼らも結構、大きいっす。汗
住宅街を流れる水路でたま~に、休んではりますわ…笑。そして、バッサ、バッサと飛び立つ姿は勇壮!こんな住宅街におるんやったら、彼らにとって住みやすいんかな~?と、…ちょっと安心しています。

そうかと思えば、小川の中州でじ~~~っと身動きもせず立ってはるんですよね…。トリのオブジェかと思うくらい。笑!…川魚を狙ってはるんですけどね。

コウノトリって、あのシロサギ、アオサギ君達より大きいのかな~。
何はともあれ…自然に帰っていったので、人間は二度と同じ事を繰り返さないようにしないとね…;;
[PR]

by clovernote | 2005-09-24 23:59 | ・日々つれづれ

<< 第4回 ヒーリング。 彼岸花~リコリス~ >>