I say, HAVE A NICE DAY!!

ハヴ・ア・ナイス・デイ(初回限定盤DVD付)
ボン・ジョヴィ
ついにこの日が来た…☆
BON JOVI  3年ぶりニューアルバムが私の手元に届いたのです!!
メロディーメーカー、リッチー節も健在。あ~このサウンドだよっ!!!!≧≦

あくまでも外タレさんですから、新譜が出るまでかなりインターバルがあるわけで…汗。
(前回の「BOUNCE」はスピッツ「三日月ロック」と同じ2002.9.11発売!>ええ、2枚とも買いましたゼ☆)
でも、毎回、ファンの期待通りの楽曲を届けてくれるBON JOVIには心から感謝…☆

そうそう、最近になって、やっと解ってきたんです…、
音楽ってそのミュージシャンが生活している「自然環境」を反映しているんだなと。
生まれ育った自然環境…子供の頃から触れてきた音楽など…。

BJの音楽を聴くと、日本のロックにはない、「開放感」というイメージを一番に感じる。
アメリカの広大な大陸、グランドキャニオン、西海岸の眩しい太陽がイメージされて、ものすごく心が開放されるのです…☆



ジョンの歌詞には、その当時のアメリカ社会が反映されることが多い。子供の頃に初めて聴いたBON JOVIの曲には、正直、私自身がついて行けてなかった。

でも、ここに来て、私の意識レベルが成長したのか(苦笑)…「日本社会」が「アメリカ社会」に追いついてきた(…つーか、アメリカのようになってきた!)のか…
前回のアルバム、今回のアルバムのジョンからのメッセージが鋭く私の心に深く響いてくる…。

9.11の同時多発テロ後の前進し続けるアメリカ、大統領選後の事など。
アメリカの思想や信仰、…複雑な社会はアメリカで生活していないと解らないけれど、日本にいる私でも、アメリカの後を追っているかのような今のこの日本社会の行く末が不安でたまらない。
なので、よけいに
ジョンからの「それが君の人生さ、それでいいんだよ。」と言ってくれているかのように聞こえて心に浸みる…。

日本社会の組織も「アメリカ式・能力主義」で廻っている。それまでの「高度成長期」を支えてきた「終身雇用制度」をうち破ってまで。

これから日本はどこへ行くんだろう…?!

そんな私の不安な気持ちを払拭してくれたこのアルバム!!
“今の世の中を受け入れるしかない”…!!
“自分自身を見失うことなく、自分がなりたい自分になれ”
この世の中と向き合う事になったら
を上げて …HAVE A NICE DAY!!と、私も言おう☆

。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。・゜゜・。
余談…
2005年「年女」である今年は、
スピッツの「スーベニア」収録曲、「春の歌」に心癒され、
後半はBON JOVIの「HAVE A NICE DAY」で自分の行く所を教えてくれた感じ…。
この2つの楽曲、スタイルは違うけれど、ミュージシャンの思いや考えは深い所でリンクしているのでは…?と思った「2005年・秋」でありました。
[PR]

by clovernote | 2005-09-14 23:12 | ・BON JOVI

<< BJ祭り、開催中~♪ 覚え書き。 >>